マンション投資を成功させる知識~投資でガッツリ収益GET~

不動産

家賃保証制度も活用する

マンション

最大の問題である空室

複数のリスクがマンション経営には存在していますが、その中でも最大のリスクとして認識されているのが、空室です。入居者が集まらずに空室が続くと、賃料収入が得られないばかりか、その間の維持管理費によって赤字にもなり兼ねません。そのため空室はマンション経営で常に注意をする必要があり、その対策は何よりも優先して行った方が良いと賃貸不動産経営管理士といった専門家も助言しています。しかし一方で空室は複合的な理由で発生することも多く、そのリスク対策はかなり慎重に分析・実践するように注意が必要です。賃料相場の分析や賃料見直し、周辺の賃貸物件の情報収集や、入居者募集の方法の見直しなどで、これに加えて事前にサブリース契約を結ぶリスク対策もあります。

サブリースが近年の人気

順調にマンション経営が進んでいても、入居者が様々な要因で減少に転じることは珍しいことではありません。そのための有効な対策を打てないと、マンション経営で赤字を出すことも十分考えられます。空室が増えつつある現在の賃貸事情を考慮して、近年は空室対策にサブリースが人気となっています。サブリースは家賃保証とも呼ばれる制度で、オーナーとサブリース会社が契約をして、転貸を行うことで賃料の一部をサブリース会社が受け取る代わりに空室保証や、賃貸管理を行うサービスです。オーナーはサブリース契約をしていれば、仮に空室が生じても保証として賃料の80%前後を受け取れます。賃貸経営も入居者確保で苦労する人が多い時代において、安定した収益を得られることがサブリースの人気の理由です。