マンション投資を成功させる知識~投資でガッツリ収益GET~

不動産

共同住宅に伴う費用

お金

人気になる意味

マンションを購入した場合には毎月修繕積立金と管理費という費用がかかって来ます。修繕積立金は将来建物の修理や改修工事、大規模修繕に備えるための積立金、管理費は共用部分の維持管理費に充てられるものです。又、賃貸マンションの場合は管理費と共益費と呼ばれるものがあり、前者は物件の維持管理に要する費用に充てるもの、後者は共用部分の清掃や電気代、電球の取り替え等管理人の人件費等に充てられるものです。中には表記が曖昧で管理・共益費となっている場合も見られます。賃貸の場合には入居の際に敷金や礼金その他引越し費用等初期費用も多くかかるものです。管理費の表示については賃料に含めて表示される場合と別に表示される場合とがあります。通常の相場は3千年から5千円となっていてこれがゼロの場合は安いと感じ人気ともなっています。

今後の動き

マンション物件も余剰状態にあり、最近は少子高齢化でかつ人口減少も生じて来ています。これらのことから不動産の管理会社や家主は入居者を確保する為に初期費用をなるべく抑えて入居を希望する人にとって借りやすい状況を作って来ています。その中には仲介手数料を半額にするとか無料にする、あるいは敷金や礼金をゼロにするとかの手法が取られています。管理費は家賃に含まれる場合と別の場合があり、これは実態が違う可能性もあります。最近の防犯設備の整ったところでは管理費の相場も5千円を越す場合も出て来ています。マンション購入の場合の管理費については、その平米当たりの相場は中層で中規模のものは安めでそれ以外の場合には高めの相場になるという結果が出ています。今後やはり人件費の高騰や設備の高度化等で上がる可能性もあります。